仕事の効率化が出来ない理由とは。便利そうというだけで何でも導入しない

便利なツールを導入しても効率化出来ない事もある

仕事を効率化させる目的は、早く終わらせる事です。インターネット等を利用して、仕事をする人は、便利なツールを使うのは当然となっています。しかし、導入したとしても、仕事効率化に繋がっていないケースも少なくありません。どうしてかと言えば、ただ、便利なツールという認識で導入しているからです。例えばある人が、スケジュール管理について困っていたとします。そんな人にとって、スケジュール管理をしやすくするツールはとても便利なものになり得るでしょう。しかし導入しても意味がないケースもあるのです。

漠然と便利そうだからと導入してはダメ

スケジュール管理には特に困っていないけれど、便利そうだから何となく導入してみたという人が居ます。そのツールは大して活躍しない可能性があるでしょう。スケジュール管理に困っていないのならば、現状で十分の筈です。ただ、もっと便利になるかもしれないと漠然と考えて、ツールを導入したとします。スケジュール管理について、十分だった状況に変化をもたらす事になりますよね。しかしその変化が、ツールにより現状を悪くする事もあります。

具体的に何が必要か分析をして導入をする

仕事を効率化する為には、自分に何が必要か、考えなければなりません。分析をして、具体的に答えを出す必要があります。それだけではなく、何が足りないのかも考えなければなりません。結果として、初めて、どのようなツール等が必要になるのかが見えて来るのです。問題は、漠然と今より少し楽になりたいという考えでしょう。だから、不必要な物でも、便利という言葉を見て全て取り入れようとします。表面的な便利という言葉に惑わされてはいけません。

ワークフローとは作業工程の順序や手続きを流れ図を用いて記すことで、作業効率アップを目的に行われます。