倉庫とはなんのこと!?倉庫のいろいろな種類!

倉庫とは一体何のこと?

倉庫とは、ものを保管しておく場所や建物のことを指します。一般に「倉庫」といってもその規模は様々で、体育館ほどもあるような大きな倉庫から一部屋分の小さな倉庫までいろいろあります。保管されるものも、一般家庭でよく使われるような工具や大きな棚や自転車などから、穀物や、場合によってはその国の歴史的な価値があるものまでいろいろあります。しかし、どのような大きさで、どんなものが入っていたとしても、ものをしまう場所ということに変わりはありません。

家などにある小さい倉庫

一般的に家などにある倉庫は、部屋の中の一部屋を使っていることや、屋外にあったとしてもそう大きくないサイズであることが多いです。入っているものは普段使わない机や椅子、自転車やスーツケース、人や家庭によっては工具や登山用具、クリスマスツリーなどであることもあるようです。入っているものはその倉庫によって様々ですが、その倉庫の所有者がすぐには使わない、ある決まった時だけ使うようなものが倉庫の中に入れられることが多いです。

体育館サイズ!?大きな倉庫

たまにテレビなどで見かける、体育館サイズ以上はありそうな、下手したらドームほどの大きさのある倉庫。それほどの大きさの倉庫になると、その倉庫を運用しているのも、一般人の一個人の場合は少なく、大体が農協などの大きな団体であることが多いです。国が運営していることも決して少なくありません。一箇所一箇所にわざわざ倉庫を作らなくても、大きな倉庫なのでまとめてたくさんのものを収容することができて大変便利なものです。

3PLとは、荷主企業に代わって物流業務全般を請け負うビジネスの事です。荷主企業の目線にたって物流業務を行う事で、物流コストの削減や顧客サービスの向上などさまざまなメリットをもたらす事ができます。